塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年04月02日

PLH-07せっつ 1/700プラモデル その2

 組み立てないまま積み上がっているプラモデルを、俗に「積みプラ」と呼びます。
 読書家が読まない本を積み上げておく「積ん読」と同類の言葉です。

 実は我が家に積みプラが10箱以上あります。工作好きなのでつい買ってしまうのですけど、作業時間が取れないまま放置、というパターン。しかも最近また2箱増やしてしまった。これはいけない。

 ということで、2012年に購入して、途中まで組み立てて放置した海上保安庁のヘリコプター1機搭載型巡視船「PLH-07せっつ」を完成させることにします。
 「せっつ」の所属は神戸海上保安本部、第五管区の旗艦的存在です。よく見かける馴染み深い船なので手元に置こうと思って、はや3年。

 塗装済みキットを購入したので、パーツを切り出して接着したら終わりのはずだったのですが、中途半端に手を加え始めたのがいけませんでした。
 このキットは「PLH-06ちくぜん」として発売されたものを、「せっつ」に合わせてパッケージとデカールを差し替えたもの。基本的に同型船ですが、「ちくぜん」と「せっつ」はブリッジの形状が違うので「せっつ」に合わせて改修。ブリッジの一部を削り落としてプラ版を貼り付けています。
 ついでに船底も緑なのが気になって艦底色(赤茶色)に塗り替え。「ちくぜん」の船底は緑ですが、「せっつ」は赤なのです(もしかすると緑の時期もあるかもしれませんが、手元の写真はみな赤)。
 ところがこれが調査不足。艦底色に赤を調合して塗ったのですが、実船はずっと鮮やかな赤でした。このまま完成させるかもう一度塗り直すか……

 またディテールアップしようとエッチングパーツで手すりを取り付けました。これを途中まで頑張ったのですが、細かい作業に音を上げてしまいました。この時点で2012年8月。そしてこのまま製作中断。
# 1/700のプラモの細かさは尋常ではないです。雑誌の作例作っている人の技術力がすごい。

 今回はとにかく「完成させる」ことが第一目標。
 手すりは後日の宿題として、まずは箱に入っているパーツを組み上げます。
 ただ船底の色だけは気になったので、これだけは赤で再塗装。

 マスキングテープを貼って、筆塗りです。エアブラシなんて持ってません。
 後ではみ出たところを修正。マスキングしたにも関わらず、盛大にはみ出していたのですが、カッターの刃で削って白で塗り直します。

 そして塗料乾燥待ちの間に、別の艦を組み始めました。
 はたして積みプラ解消、どこまで進むでしょうか。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(4) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「せっつ」と言えば、153系。

東京ー大阪間を8時間ぐらいで走っていたらしいですね。
153系は営業運転時の最高速を110km/hで設計された……つまり、当時の東海道線を走る151系特急と同じだったから、表定速度70km/h弱の急行運用は余裕があったと思います。
実際、151系の代走で大阪まで、ちゃんと6時間半で走ったそうです。

同じ電動機使っていましたからね(ギア比は違うけど)。

Posted by なかを at 2015年04月03日 19:31
153系は現役当時を知らなくて博物館でしか見たことないのです。
後継の165系は「大垣夜行」でいやというほどお世話になりましたが、考えてみれば電車急行そのものに乗ったことがないような。

各停と特急ならともかく、急行と特急でギア比を変える必要があるのかと思いますが(昔の急行って今の特急並みの停車駅ですし)、それだけ差別化を図っていたということでしょうか。

JR西の225系と321系も(ほぼ)同じモーターのギア比設定が違う電車で、スタートダッシュの321系、高速の伸びの225系という感じです。
Posted by ふくだ at 2015年04月04日 01:04
昔の特急の加速度って、1.6km/h/sぐらいだったと思います。
0系もそうでした。
おそらく、発進時の乗り心地とか高速域での静粛性を考えたのだと思います。
加速重視の設計なら阪神ジェットカー。
4.0km/h/sって、路面電車並み。
関東では、日比谷線が当初、この数字を出していましたか、今は3.3にしています。
常磐線に乗ると、緩行線が3.3km/h/sで加速して90km/hで頭打ち、快速は2.5km/h/sで100〜130km/hまで引っ張るから、同時発車すると、面白い展開になります。
昔、関西で列車線と電車線に分けて複々線を運用していた時代には、似たような展開がよく見られたと思います。

あ、私は153系の新快速に乗ったことがあります。
本当はまずいのだけれど、遅れ回復のために、速度計を振り切っていました。
153系でも120km/h以上出せるわけですね。

Posted by なかを at 2015年04月04日 09:09
JR西の321系は223系と歯車比一緒らしいです。225系は言及ないのですが、基本223系に合わせてあると思われるので……訂正です。
http://bit.ly/1NJ19C3 (Wikipedia)

阪神は駅間が狭いので強力な加速でないと電車がつっかえてしまうのでしょうが、今の車両は動き出しがなめらかなのでそれほど急加速している印象はないです。この辺りは制御技術が進歩したのでしょうね。

>153系でも120km/h以上
設計最高速度と営業最高速度ですね。
福知山線脱線事故以降はダイヤに余裕をもたせているので、無理な運転は少なくなったと思います。
Posted by ふくだ at 2015年04月04日 23:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。