塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年04月22日

ミノトールVロケット 1/100ペーパークラフト

 ミノトールV(Minotaur V)はオービタルATK社が運用する全段固体の小型衛星打ち上げロケットです。
 元はアメリカのICBM(Inter Continental Ballistic Missile=大陸間弾道ミサイル)で、核弾頭の代わりに上段ロケットと人工衛星を載せたのがミノトールシリーズ。ミノトールI・IIがミニットマンICBM、III・IV・VがピースキーパーICBMの退役した機体を転用しています。同様のロケットにはウクライナのドニエプルがあり、比較的安価なのが特徴です。
# 核抑止力の思想下とはいえ、ピースキーパーとはすごい名前です。

 今回製作したミノトールVは直径2.3m・全長24.6m、重量89t、日本のイプシロンが直径2.5m・全長24m・重量91tですから、ほぼ同クラスのロケットといえます。2013年に月探査機のLADEEを打ち上げたのがデビューで、見事に月軌道投入に成功しています。

 型紙はErick's Modelsから。他にもスカウトにトーラスなど、模型としての需要があるのか心配になりそうな見事なラインアップです。元は1/96ですが、1/100に縮小して作りました。
# 今回は2機製作しています。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | ペパクラ/科学的遊具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。