塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年05月02日

水戸芸術館 企画展「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」

 水戸芸術館に行ってきました。お目当ては企画展「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」。
 山口晃さんは大和絵風の面白い絵を描く人という印象で存じ上げていたのですが、新聞小説「親鸞」のぶっとんだ挿絵で、これは機会があったら見に行こうと思っていました。

 一番気に入ったのは表題にもなっている新作の「前に下がる 下を仰ぐ」。鳥瞰図風の絵を描く絵師の姿を描いた面白い構図。
 見入ってしまうのは「続・無残ノ介」。妖刀「無残刀」をめぐる連作活劇。
 でも全部面白かったといって過言ではないです。

 写真は芸術館屋外の展示。なぜ「七人の侍」の旗が!? と思ったらこれも展示なのだとか。そういえば○の数がちょっと違う。

 こちら水戸芸術館のシンボルタワー。遠望はしたことありましたが、間近からは初めて見ました。
 正三角形のチタンのパネルを組み合わせた構成で、一度見たら忘れられない造形です。ミュージアムショップで売ってたクリアファイルがこのキットになっていたので、つい買っちゃいました。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。