塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年05月04日

茨城県自然博物館

 茨城県自然博物館を訪問。事前に調べていなかったのですが、この日は無料開放日で、駐車場待ちの車の列が600〜700m伸びてるような混み具合。
 館内は何度も見ているので(もちろん今回も一回りしましたけど)、屋外を散歩。
 分子模型のような謎の遊具、中から覗くと星座が浮かび上がるようになっていました。なんだこれは!

 復元された反町閘門。かつて飯沼干拓地へ利根川の洪水が逆流しないように設けられたもので、1991年まで残っていたそうです(残念ながら現役時代を見た記憶がありません)。博物館の敷地にあるのは復元されたものですが、瀟洒なレンガ造りで、岩井にこんなものがあったのかとびっくりです。
 近くには実際に使われていた閘門の門扉が展示されています。こちらはサビてボロボロになっています。

 館内に戻って、学芸員の紹介するコーナーから。
 極限環境に強い生き物として(一部で)納豆菌とライバル視されているクマムシです。がんばれー。


posted by ふくだ at 23:50| Comment(2) | 博物館や美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
県博、野外もなかなか見どころ豊富です。
冬にはコハクチョウも来るのですが、噂では、密かに餌付けして、博物館エリアから見えるようにしているのだとか。

この噂が本当なら、がっかりです。

ところで、佐原の伊能忠敬記念館は見ましたか?
あそこには、忠敬が測量に持ち歩いたという望遠鏡が展示されていて、これを見た瞬間、

「岩橋善兵衛の望遠鏡だぁ〜!」

と叫んで、同行者に不思議がられました。

善兵衛ランドで学んだ甲斐がありました。
天文好きとしては、やはりここは、見ておきたいですね。
Posted by なかを at 2015年05月20日 21:54
いつも屋内しか見ていなかったので、屋外もいろいろ新鮮でした。
冬のコハクチョウも見たことあります。菅生沼には博物館が出来る前から来てましたよね。

佐原の伊能忠敬記念館、もちろん行ったことあります。
現在の建物になる前の旧館時代にも行ったことがあったりします。
もともと地理が専攻ですから、外すわけにはまいりません。
Posted by ふくだ at 2015年05月21日 00:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。