塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2007年09月15日

天体観望会「M57」(2007年9月)

 明石市立天文科学館の9月の観望会。参加者は50人ほど。
 昼間は晴れていたのですが、受付開始の18時頃はみごとな曇天で、天候回復の見込みもなさそうということで、4階の望遠鏡の準備もしなかったのですが……

 プラネタリウムでの説明が終わったら、「晴れてる」というではありませんか。ぬかった!
 とはいえ、いい方に予想が外れてくれるのはうれしいものです。慌てて4階の日時計広場の望遠鏡を組み立て、木星とベガ・アルビレオを観望。

 本当は「惑星ぜんぶ見ようよ」の応援ということで天王星・海王星を入れようかと思っていたのですが、南東の空に雲がかかっていたので断念。ま、来月もあるさ。

 16階の天体観測室では40cm反射と15cm屈折で、M57とベガを観望。
 大口径望遠鏡でのベガは強烈の一言。M57も単位面積が明るいので高倍率に耐え、淡いリングの姿をはっきりと見せてくれました。
posted by ふくだ at 22:40 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。