塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2004年03月05日

惑星/冨田勲

 数日前に注文したCDが届いた。惑星/冨田勲、原曲はホルストの組曲「惑星」。

 初めてこの曲に出会ったのは1985年。
 茨城県つくば市(当時は筑波郡谷田部町)で開かれていた科学万博の放送局「ラジオきらっと」のテーマ曲に、この「水星」が使われていたのだ。朝7時の放送開始前と、夜10時の放送終了後に、毎日必ず流れていた。
 小学生ながらに印象に残っていた曲なのだが、レコードを買おうなんて発想は当時は持つすべもなく、そのまま数年。だいたいホルストの組曲「惑星」が元の曲だなんて知らなかったのだが、たまたま高校生の頃、CD屋の店頭でマゼール指揮の「惑星」を発見。クラシックなんて買ったことないものだから、相当にビビリながら購入。
 火星・金星……と続き、あまりの曲調の違いに、あれぇ〜全然ちがうもの買っちまったかなぁ、と思いながら、「水星」に入る。耳をかすめる聞き慣れた旋律。あーっ、これこれこれ!
 あっという間の約3分(くらいだったかな)。実は「惑星」の中で、「水星」はいちばん短い曲なのだ。ド派手な迫力の木星、不気味な印象の土星から天王星・海王星と太陽系の縁に飛ばされて、CDは終わる。
 正直なところ、そのころは、全体としてそれほどいい曲だと思った印象はない。フォークソングばかり聴いていた頃だから、あんまり趣味が合わなかったのかも。

 その後、ずいぶんしばらくして聞いたら、やたら今度は格好良く聞こえてびっくりしたことがあった。


posted by ふくだ at 23:41 | TrackBack(0) | 雑記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。