塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2004年08月07日

8月7日・明石市立天文科学館天体観望会

 今年はことごとく曇り続けている天体観望会。
 この日はかすみがかかりながらも、昼間は晴れ。しかーし、夕方から不気味な積乱雲がもくもくと成長をはじめる。絵に描いたような入道雲だ。
 プラネタリウムでの解説が終わって、外に出ると、どよ〜ん。雲量8。
 観望予定天体はベガとアルビレオだったのだが、どんより雲の中。どころか、雷光があちこちできらめく始末。
 とりあえず西空に木星が出ていたので、それを導入。それから雲の切れ間を縫ってベガ→アルタイル→アルビレオ→アンタレスと、見えている星を片っ端から導入していくという大忙しの観望会。
 それでも最後の頃はずいぶん雲の切れ間も大きくなって、夏の大三角もしっかり見えていたのだけど、どうしてこうも、夕方の時間帯だけ曇るかなぁ。


posted by ふくだ at 23:07 | TrackBack(0) | 明石市立天文科学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。