塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2007年07月16日

神戸税関監視艇「こうべ」体験航海

税関取締艇「こうべ」外観税関の英字表記

 お次の体験航海は神戸税関の取締艇「こうべ」です。なんたる安直なネーミング。密輸やらの取締がお仕事です。海上保安庁とは別に業務をしているそうです。
 「こうべ」は一突とメリケンパークの間の船溜まりでよく姿を見かけるのですが、乗る機会に恵まれようとは思いませんでした。

 乗船の際は、全員が救命胴衣着用です。客船ではないので、訪問客を乗せるときの配慮なのでしょう。でも、紐を引いてガスを充填するタイプのライフジャケットなのに、使い方の説明はなかったぞ。もっとも、子どもには通常タイプのものを渡していましたから、大人なら理解しろということなのでしょう。

「こうべ」ブリッジ「こうべ」客室

 取締艇だけあって、ウォータージェットでかっ飛ばします。35ノット/時くらいで快走していました。時速換算で57〜8km/h。
 整理券には(須磨沖)と書いてあったのに、あっという間に須磨を通り過ぎ、更に塩屋も通り過ぎます。あ〜れ〜、我が家が。

「こうべ」サロン「こうべ」at明石大橋

 結局、明石海峡大橋の舞子側の主塔をぐるりと回って引き返しました。メリケンパークから明石大橋まで、30分弱というのがオソロシイ。自動車だとこうはいきません。阪神高速走っても渋滞が多いから負けるかも。
 おまけに帰りは神戸空港島を一周してきました。サービス精神旺盛です。一時間コースで明石海峡大橋と神戸空港のセットって、遊覧船ではあり得ません。

 「こうべ」の船首はサロンになっています。こぎれいな部屋なのですが、高速走行時には船首はほとんど浮いていますから、揺れる揺れる! ここで会議が出来たらかなりの強者です。

 ちなみに乗船中、乗組員の方からは一切、説明などはありませんでした。質問すると答えてくれましたけど、基本的には黙々と、操船と監視をしています。
 先に乗った「海技丸」は練習船だけあって、乗組員の方も教育熱心というか、こちらが黙っていてもいろいろ教えてくれたので、その雰囲気の差も面白かったです。



(上記ルート図は厳密ではありません)


posted by ふくだ at 23:46 | TrackBack(0) | 一般公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。