塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2008年05月11日

コルキット・スピカ出動

 花北観望会には、いつもたいてい手持ちの機材を持っていきます。
 といっても私は電車に乗っていくので、あまり重たいものは持っていけません。それに大きな機材は近所の方が持ってきて下さいます。

 今回は「コルキット・スピカ」を持っていきました。科学館などの望遠鏡製作教室で定番の、4cm屈折望遠鏡の工作キットです。私が持っていったのは「はりま宇宙講座」で製作した完成品。

 こうした観望会をやっていると、お客さんの何人かに「この望遠鏡ってお値段なんぼくらいですか?」と訊ねられます。
 そこはマニアの持ち物なので、万円単位か、モノによっては6ケタの金額になるものもあるのですが、あまりすごい額だと、せっかくの興味がビックリするだけで終わってしまいかねません。ということで、入手しやすい価格ながらも、安心しておすすめできる鏡筒の例として、コルキット・スピカを持っていってみました。
# コルキットの場合、三脚は別途用意する必要があります。

 また今回は、はりま宇宙講座の修了生もいらしていました。
 講座の一環でコルキットをつくったのですが、その時は昼間に遠くの景色を覗いただけだったので、実際にこれで天体を見てみようというわけです。ちょうど観望会の二大スター、月と土星が勢揃い。小口径ながらも見え味は定評があるコルキット、お試しには持ってこいの空です。
 「この望遠鏡でこんなに見えるんですか!」と、期待通りの声もちらほら。

 大人数の観望会は大変ですが、家族や友人と一緒に星を見るくらいなら充分な実力のある小さな望遠鏡。月、惑星、明るい星団、二重星くらいは街中でも楽しめますので、ぜひぜひ活用してもらえたらいいなと思います。


posted by ふくだ at 23:47 | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。