塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2006年10月24日

天文科学館の漏刻

 うちのサイトには「東経135度・日本標準時子午線を訪ねて」というコーナーがあります。2001年にサイトを開設した時から置いてある、最古参のコーナーです。

 今回の更新では、天文科学館の出口の脇にある漏刻の写真を差し替えました。2005年6月に設置されたので(実際の工事はもう少し前)、一年半も更新をさぼっていたことになります。この間に何度、天文科学館に足を運んでいたことでしょう(汗)。

 遠征して調査をしたら、記憶の薄れないうちに更新しようと思うのですが、身近なところだとどうも、いけません。学校の近くに住んでいる奴ほど遅刻が多い、というのと、なにやら通じるものがあります。

 この子午線のコーナーの写真のほとんどは、銀塩フィルムで撮影して、プリントをスキャンしたものです。当時はダイヤルアップ接続だったので、10KB/枚程度のサイズにしていたはずです。なんとなくピントの甘い写真が多いのはそのためです。今なら同じ10KB/枚に押さえるにしても、もう少しまともな処理が出来るのですが、今さら全ての写真の処理をやり直そうという気にもなれません。

 むしろ、やりたいのは子午線標識の再調査。
 モニュメントや記念碑の類いですから、そう簡単に変わることはないと思うのですが、この5年間に、測地系が日本測地系から世界測地系に改められ、市町村合併で設置管理者の自治体の数が激減してしまいました。ものによっては撤去されてしまったものもあるかもしれません。

 しかし、さすがにもう一度、自転車で網野まで走る気分にはなれません。スーパーカブのレンタルなんてのもいいけど、季節柄、そろそろ寒いものなぁ。こういう時は、自動車があるといいなぁと思います。


posted by ふくだ at 23:45 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

明石高校の観測台


 明石高校OBの春田さんに案内を頂き、行ってきました。
 1928年に日本標準時子午線が通っている場所を確定させるために、京都大学の観測隊が天文測量を行った場所です。2年越しの訪問でした。
posted by ふくだ at 07:51 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

市町村合併

 東経135度子午線のコーナー、相変わらず市町村合併の波にもまれています。
 4月に「淡路市」「豊岡市」の合併があり、サイトの方は2ヶ月あまりも放置していました。豊岡の合併は知っていたのですが、淡路はすぐ近くなのに、実はつい最近まで合併に気付きませんでした。
 泣き言を書いてしまうと、このコーナーはリンクを網の目のように貼ってあるので、訂正が入るとエライことになるのです。本当は昨晩(6/9)のうちにほとんどの作業が終わっていたのですが、アップロードしようと思った直前に、リンク切れを多数発見して、もう眠かったので、本日持ち越しにしてしまったのでした。

 サイト解説直後に日本測地系から世界測地系への転換があり、その後に平成の大合併と、振り回されっぱなしのコーナーです。
posted by ふくだ at 23:54 | TrackBack(1) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

和歌山・友ヶ島遠征(2)

 2月27日(日)
 (宿)…和歌山市 0745→0808 加太…淡島神社…和歌山市少年自然の家…加太港 0920−[友ヶ島汽船]→0940 友ヶ島

 友ヶ島内 野奈浦桟橋…第二砲台跡…友ヶ島灯台・第一砲台跡…野奈浦桟橋…友ヶ島灯台・第一砲台跡…海軍聴音所跡…一等三角点友ヶ島・展望台…第三砲台跡…第四砲台跡…三等三角点亀ヶ崎…野奈浦桟橋

 友ヶ島 1530−[友ヶ島汽船]→1545 加太港…加太 1609→1634 和歌山市−[特急サザン24号]→1734 新今宮 1736−[大和路快速]→1747 大阪/阪神梅田 1800→1847 山陽須磨 1849→1853 山陽塩屋

 本当は先週末に計画していた遠征なのだが、肝心の友ヶ島へ渡る連絡船がドック休航中。航路の再開を待って、今回の調査と相成った次第。

 友ヶ島灯台・第一砲台跡にて子午線標識を探索。最初の探索では分からず、桟橋脇の案内センターへ引き返して、話しを聞いて再度訪問。
 友ヶ島は大阪湾の南の入り口に当たるため、明治以降、全島が要塞地帯となって、各所に砲台の跡が残る。せっかくなのでそこも見て回る。城跡好きだし。

 機会があったら、また行ってみたいところ。一日だけではもったいない見所満載の島だった。
posted by ふくだ at 23:45 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

和歌山・友ヶ島遠征(1)

 行程の覚え書き。

 2月26日(土)
 山陽塩屋 0826→0830 山陽須磨 0837−[直通特急]→0927 阪神梅田/大阪 0935−[関空快速]→0950 新今宮 0953−[空港急行]→1020 貝塚 1023→1037 水間…善兵衛ランド

 善兵衛ランド…三ヶ山口 1205→1218 貝塚 1223−[空港急行]→1228 泉佐野 1235→[急行]→1304 和歌山市…和歌山城…和歌山市子ども科学館…和歌山城…(宿)

 善兵衛ランドは江戸時代の望遠鏡職人、岩橋善兵衛の資料室がある。善兵衛の望遠鏡は伊能忠敬も測量に使ったという記録がある。

 和歌山市子ども科学館では「特別展 高城武夫と和歌山天文館」を見学。高城武夫さんは友ヶ島に子午線標識があったという文献を残されている方。また和歌山天文間で使われていた「金子式プラネタリウム」も展示中。

 和歌山城は……昔から城跡めぐりが好きなもので。天守閣には登らず、城址だけ散策。
posted by ふくだ at 23:45 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

や〜ら〜れ〜た〜

 この土日は、一泊二日の取材旅行を企画していた。
 ところが、目的地の場所やら宿泊先やらを確認した最後の最後、肝心の交通機関が止まっていることに気が付いた。
 どっひゃーっ。
 言いようのない脱力感。は〜ぁ。
posted by ふくだ at 10:02 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

「日本標準時・東経135度子午線を訪ねて」リニューアル

 うちのサイトも開設からまもなく3年半。
 その時の好みに応じて増改築を繰り返した家みたいなもので、改めて全体を見渡してみると、どうもすっきりしない部分がある。ということで、リフォームすることにした。

 良くないなぁ、と思っているのは、スタイルシートでフォントの大きさを絶対値で指定しているページがあちこちにあること。これをやるとブラウザ側で文字の大きさを変更できないので、「この字小さくて見にくいなぁ」と思っても、我慢するしかないのだ。実は余所のサイトを見ているときにそんな目に遭ったことがあって、問題点があるのは分かっていたのだけど、なかなか手を着けられなかった。

 もう一つは、画像ファイルへの代替テキスト指定。なるべく入れるようにはしていたのだけど、忘れているものもかなり多い。

 このサイトの中で、いちばん初めに作って、いちばん資料性の高そうな「日本標準時・東経135度子午線を訪ねて」のコーナーから手を着けたのだが、終わるまでに一週間。思った以上に面倒。まぁ、しょうがない。

 全体をHTML4.01とCSS2に準拠した記述に改めて(XHTML1.0とか1.1の方がいいのかと思ったのだけど、あまり理解できなかった)、ブラウザに依存する記述は置き換えた。

 ただ、文章主体のページはいいのだけど、写真がメインのページでは、ある程度レイアウトに気を使わないとかえって読みにくくなってしまうところもあって、困ってしまった。レイアウトのためにtableを使うのもなるべく避けたかったのだけど、全部止めるのは難しくて、これはあまり変えられなかった。色についてもWebセーフカラーに準拠すべきだったのかもしれないけれど、これもしていない。

 現在の内容を維持しながら、今の自分の理解の範囲で、なるべく多くの方に見ていただけるような配慮をしたというところ。様子を見ながら、考えていきたい。
posted by ふくだ at 01:23 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

北緯35度モニュメント

 滋賀県大津市にある北緯35度モニュメントを訪ねてきた。
 大津市ではJR大津駅が旧日本測地系の北緯35度線上にあるのだが、今回足を運んだのは、琵琶湖岸のなぎさ公園にあるというモニュメント。
 なぎさ公園は全長が4.8kmもある細長い公園で、地図を見てももちろん(?)そんなモニュメントなど載っていないのだが、だいたい大津駅の真東のはず、と見当をつけて置いた。最寄りの駅はJRだと一つ東側の膳所駅となる。

 ところがところが、駅を出たところでやってしまったのだ。地図と現地の方角を間違えるという超単純なミスを犯し、てんで見当違いの方向へ歩いてしまった。しかも公園の端に行くまで気がつかなかった(^^;
 往復30分で行ってかえって来るつもりが、合わせて2時間の超ロングお散歩になってしまった。もっとも途中で開き直って、義仲寺や膳所城跡など、史跡巡りなんぞ始めてしまったせいでもあるのだが。

 肝心のモニュメントは、見つかってしまうとあっさりしたもの。
 もともと東経135度子午線モニュメント巡りのおまけで始めたものなので、北緯35度線の方は気楽にやっているのだが、やっぱり気になり出すと、気になってしまうものである。
posted by ふくだ at 19:58 | TrackBack(0) | 日本標準時子午線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。