塩屋天体観測所の雑記帳はhttp://stelo.sblo.jp/に移転しました。
今後はこちらの旧サイトを更新しません。引き続き移転先でよろしくお願い致します。
(2015.5.22 管理人 記)

2015年01月17日

震災20年

 年に一度の始発電車。この日はいつも座れない程度に人が多いのですが、今年は朝ラッシュに届こうというほどの混み具合。
 兵庫駅の改札で知人と会う。長らく活動してきた鷹取へ向かうのだという。私は友人と兵庫区のボランティアグループの拠点へ。
 20年という節目と土曜日に重なったこともあって、例年の倍以上の人が集まりました。
 焼香、そして5時46分に合わせて黙祷。

 私は関東の出身で震災の経験はありません。いつも戸惑いながらまぶたを閉じ、気持ちが静まると、風の音だけが夜明け前の空間を通り抜けていきます。想像するにはあまりにも大きな出来事。

 この日は職場の会議があり、そのまま出勤。ここでも参加者で黙祷しました。
 午後、職場つながりの追悼行事に参加。

 夕方、友人と合流して新長田駅前の追悼の集いに参加。当初の数年間、お手伝いさせていただいたこともあって、今でも毎年、会場に足を運びます。ここ数年は平日だったので夜の遅い時間しか来ていなかったのですが、久しぶりにろうそくの点灯に間に合いました。
 こちらも昨年までよりずっと人が多く、ろうそくの点灯も後ろで見守っていました。
 夕方の17時46分、半日ずらしての黙祷。
 地元の学生たちが合図の掛け声を送ります。この子たちの半分は震災後に生まれたのかと思うと歳月を感じます。


posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

川崎重工の車両たち

 兵庫駅から地下鉄長田駅まで南回りで散歩。
 途中、川崎重工兵庫工場の敷地を抜けます。製造中の電車を見ることが出来る場所。
 この日いたのは広島地区に投入が予定されている227系。パッと見、京阪神で新快速などに投入されている225系によく似ています。先頭車両に転落防止幌が付いているのが目につく相違点。カラーリングは広島をイメージした赤。野球の広島カープかと思いましたが、紅葉や厳島神社の大鳥居のイメージを込めているそうです。

 屋根の下にいるのは北陸新幹線のE7系。ほぼ同一仕様ながら、JR東日本の車両がE7系、JR西日本のW7系と分かれていますが、W7の方はすでに全車納入済みとのことで、今も作っているのはE7の方。

  本社前には「こだま形」151系と0系新幹線電車が保存されています。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

JR六甲道駅昇降式ホーム柵

 2014年12月13日から試験稼働しているJR六甲道駅の昇降式ホーム柵です。
 東海道線は3ドアの快速・新快速車両と4ドアの普通車両が混在しているため、通常のホームドアが設置できません。ということで開発中の安全対策がこれ。
 試験中なので警備員が何人もホームで警戒にあたっています。見た目どのような動きをするか想像がつかないので(初見の人はロープが跳ね上がるとは思わないでしょう)、うっかりロープに手をかけたりしたら大変です。その場合は安全装置が働いて昇降しないのですが、今度はそのドアの出入りができなくなってしまいます。傘をロープにかけてしまううっかり者とか、いろいろトラブルはありそうです。

3ドア車  [  △△      △△      △△  ]
4ドア車  [ ○○    ○○    ○○    ○○ ]
ホーム柵 ■■====■■==========■■====■■


 柵とドアの位置関係は上記のようになります。両端の1ドア分と中間の1or2ドア分で柵を分けています。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(4) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

抜け道

 塩屋谷からジェームス山へ上がるのに、いつも同じ道ではつまらんと、グーグルマップを見ていて抜け道を探しました。
 夕方の買い物ついでにチャレンジです。
 ていうか、え、この道なの!? マジでこれ登るの?

 いちおう草は刈ってありますが、なんだこの申し訳程度の舗装は。

 幅は広いのですが、ついに舗装部も消失。落ち葉だらけの土の道。
 グーグルマップというより、元データを提供しているゼンリンの地図がすごい。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

セミ初鳴き

 西宮の職場の近所にて、今年はじめてクマゼミの声。
 と思ったら、土曜日(12日)にも鳴いていたそうです。
 月曜日には鳴いてる様子はなかったのですけれども。

 塩屋ではまだです。あれは朝からシャワシャワ鳴くので、いやでも気付きます。

(7月16日追記:塩屋でも鳴き始めました。クマゼミではなかったけど種類なんだったかな)
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

『神戸在住』ドラマ化

サンテレビ、震災テーマにドラマ 竹下景子さんら出演」(2014.6.25神戸新聞)
『神戸在住』ドラマ化1・17放送&映画化」(2014.6.25nikkansports.com)
藤本泉&竹下景子サンテレビのドラマに」(2014.6.25デイリースポーツ)
〈速報〉『神戸在住』ドラマ化1・17放送&映画化」(2014.6.25朝日新聞デジタル)
『神戸在住』ドラマ化&映画化、震災から20年の1月17日に」(2014.6.25コミックナタリー)
木村紺デビュー作『神戸在住』、2015年1月17日に実写ドラマ放送決定! さらに劇場映画が2015年春以降公開予定!」(2014.6.26アフタヌーン)
神戸在住|サンテレビ」(サンテレビ)

 びっくりなニュース。『神戸在住』がドラマ化とな。
 『神戸在住』は木村紺さんの作品。東京から神戸に越してきた女子大生を主人公に、日々の出来事を綴ったエッセイ風のマンガ。1998年から2006年まで月刊アフタヌーンで連載されていました。
 劇中の時間は主人公が2回生の春からスタートして、卒業までが描かれます。ほのぼのとした日常の中で、主人公の周りの人々が多彩で、民族や障害、性的マイノリティーを背景にした人々がさりげなく登場し、時に身近な人との別れもあり、暖かみの中に人の陰影も描かれた作品です。主人公は阪神・淡路大震災を経験していないのですが、登場人物の回想として震災のエピソードも描かれます。
# 劇中の時間進行は1998年から2000年となるのですが、多少の幅は持たせてある感じ。

 私も関東から神戸に移っているので、主人公との共通点も多く、他人事ではないように読んでいました。これまで読んだマンガの中で今でもベスト3に入っている作品です。

 8年も連載が続いたマンガながら、現在は紙のコミックスは絶版状態で、電子版しか扱われていません。なもので、ここにきての映像化はまさかの展開。

 一報を知った時は連ドラにするのかと思ったのですが、90分枠の単発作品のよう。確かにサンテレビ製作の連ドラはとても想像しにくい。キャストを見るとオリジナルの登場人物もいるので、作品の世界観を活かしながら、ドラマ向けに手を入れた脚本なのだと思います。
 震災を知らない主人公という設定は共通でも、震災の2〜3年後と20年後では、街の人も景色も、連載当時のままとはいかないでしょう。現在を舞台にした新たな『神戸在住』が生まれることを楽しみにしています。
# サンテレビのサイトを見ると日向さんの設定をだいぶ変えてるな。原作から頭切り替えて見ないといかん。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(2) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

大きな栗の木の下で 2014 その2

 クリの雌花はどこに付いているのだろうと思って探して、やっとこ見つけました。
 真ん中と真ん中やや下のイソギンチャクみたいなのが雌花です。

 雄花の房の付け根にあるのですが、これはパッと見では分からんわ。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

塩屋駅哀愁

 JR塩屋駅。政令指定都市にある天下の山陽本線の駅ながら、無人化された時間帯があるというふびんな扱いを受けています。
# 山陽電鉄の塩屋駅はすでに無人駅です。

 2014年6月からは20時過ぎるとみどりの窓口が閉鎖となりました。最近は自動券売機で定期も新幹線の指定券も買えるので、私の場合はさほど不便ではないのですけど、機械の操作が苦手な人は大変だろうな、と。

 それと5月末で駅構内の売店も終了。もともと平日午前中しか空いてないお店でしたが、これまで住んでいて利用したのは片手で数えるほどでした。

 しかしやむを得ないとはいえ、こうして駅に携わる人が減っていくのか。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

ツバメの巣 at 塩屋駅コンコース

 JR塩屋駅のホームからコンコースへ上がったとき、顔の脇を何かがかすめていきました。
 「えっ!? 鳥?」

 振り返ると階段通路を飛び下っていくツバメの後ろ姿。器用に飛ぶなぁと眺めつつ、それにしてもなぜ駅の構内を飛んでいるのだろうかと思いました。

 改札を出たところで疑問氷解。足元に「頭上ご注意ください」「ツバメの巣があります」の注意書き。
 視線を上にやると、ありました。
 巣の本体は見えませんが、フンよけのカバーは駅員さんが手作りしたのでしょう。黄色と黒の虎柄のテープを使ったのはちょっとした洒落っ気かも。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

このバスはうどん県行き

 高速舞子のバス停にて。やってきたバスの行き先表示を見て、思わず目をこすっちゃいました。
 「うどん県!?」
 香川県が観光キャンペーンで「うどん県」を全面的に押し出しているのは知っていましたが、公共交通機関の行き先まで「うどん県」とは恐れ入ります。
 本気の冗談ということでこれもありかと思うのですが、公共交通機関である以上は、どこかに「香川県」の表示はいるかと思うのです。「うどん県」と「香川県」を交互に表示させるとかね。
 あ〜びっくりした。

 こちらはバス停1階の兵庫国道事務局の情報表示板。プリンタのダイアログが表示されてるのですけど、どうしてこうなった。
 ていうか、このシステムはWindowsXPで動いているのが丸わかりなのでした(汗)。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 神戸のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。